京橋で不動産相続のご相談なら【株式会社アイケイホーム】へ~共有の不動産を売却する際の注意点~

共有の不動産を売却する際の注意点とは?

共有の不動産を売却する際の注意点とは?

不動産名義が共有である場合は思わぬリスクも

不動産は法務局の登記簿で土地等の名義を持つ方が所有権を持ちますが、名前がある方が一人だけとは限りません。

例として、夫婦で住宅を購入したので共有名義にした、などで一つの不動産に二人、多いときにはそれ以上に名前が連なっていることがあります。共有にすることにもメリットはありますが、逆に裏目となってデメリットになることもあるため、売却や相続の際に思わぬ障害となってしまう可能性があるのです。

不動産に名義が複数ある場合に問題となるケース

不動産に名義が複数ある場合、問題となる例としては売却関係があります。具体例として、夫婦で住宅を購入した際に何らかの理由でご両親や親戚の名前も名義登録していた場合、増築などリフォームをするときですらもご両親や親戚の同意が必要となってしまうのです。

もちろん、売却時も名義がある以上は権利を有するため、名義で登録された全員の同意が必要となってしまいます。「全員の同意を得る」というだけでもかなり面倒ですが、もしも反対されてしまったり、同意を得られなかったりすると非常に厄介なことになりかねません。

相続のときに共有名義が思わぬトラブルを起こす?

不動産を共有名義にすることは決して悪くありませんが、ときに大きなトラブルを呼び込んでしまう可能性を秘めています。特にそのトラブルが発生する場面が相続であり、売却をしたいのに共有名義に名前のある人が反対する、連絡が取れない、ということが実例として存在します。

また、遠い親戚が名義人だと同意を得るために遠方まで出向かなければならない可能性もあり、そこから交渉などの大変な手続きも想定されるのです。共有名義の不動産を売却する場合は、トラブルが生じないように対策をすることが重要です。

京橋で不動産相続のご相談なら【株式会社アイケイホーム】へ~ベストな不動産の売却・活用をご提案~

京橋で不動産相続のご相談なら【株式会社アイケイホーム】へ~ベストな不動産の売却・活用をご提案~

京橋で不動産相続に関することなら【株式会社アイケイホーム】にご相談ください。大阪の京橋を拠点に、不動産の賃貸・売買・管理をトータルでサポートいたします。戸建て・マンション・土地などの物件の最新情報から、不動産売却のお手伝い、眠っている不動産の活用、その際に必要となる知識など、様々な情報を提供しています。

相続に強い弁護士・税理士と提携しているため、不動産相続に関することもぜひお気軽にご相談ください。不動産相続については京橋駅近くにある店舗でご相談いただけるほか、お電話・専用フォームからも問い合わせを受け付けています。

不動産相続のことなら京橋の【株式会社アイケイホーム】へ

会社名 株式会社アイケイホーム
住所 〒536-0015 大阪府大阪市城東区新喜多1丁目1−18
電話番号 06-6180-2103
FAX 06-6180-2105
ホームページURL http://ik-fudousan.com/
メールアドレス info@ik-h.jp
営業時間 9:00~19:30
定休日 水曜日
代表者名 川崎 勝郎
事業内容 ・不動産賃貸・売買仲介業務
・建売分譲事業
・不動産コンサルティング業務
・不動産管理業務
・事業用地・テナント開発業務
・損害保険代理業務