戸建て・マンションの不動産売却は京橋の【株式会社アイケイホーム】へ~覚えておきたい瑕疵担保責任のいろは~

覚えておきたい瑕疵担保責任の意味と重要性

覚えておきたい瑕疵担保責任の意味と重要性

不動産を売る側に発生する「瑕疵担保責任」とは?

不動産の売買は大きなお金が動き、同時に様々な責任が売る側、買う側に発生します。特に売る側には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」という、重要な責任が発生するのです。

瑕疵担保責任を簡単に説明すると、不動産を購入した人がいるとして、家を買った後に住まいで重大な欠陥が見つかった場合、売った側に責任が発生する、という意味を持ちます。では、どういうときに瑕疵担保責任が発生するのか、以下の例を参考にしてください。

住まいに欠陥があると瑕疵担保責任が発生して大きな負担に

家の売買は人生において最も大きな買い物と言われるほどであり、何事もトラブル無く終わらせるのが売る側・買う側にとって望ましい形です。しかし、売買契約が成立した後で万が一購入時に説明されていない欠陥が見つかった場合、瑕疵担保責任が発生するため、売った側はその責任を負わなければならないのです。

例として、購入後に検査を行ったところ「雨漏りなどで天井がカビだらけだったことがわかった」「シロアリ被害で耐震性に大きな問題があった」といった問題が発覚すると、購入した側は売った側に対して損害賠償を請求することができます。こうなると売る側としては「いつまで保証することになるのか」「売った後で大きな賠償責任を負わないか」と不安になりかねませんが、その場合にいくつかの対策があるのです。

瑕疵担保責任は契約時にお互いが納得する形で

通常の不動産契約では売買契約書を交わすときに売る側、買う側が納得する形を作ります。例として、「短期間だけ瑕疵担保責任を負う」「瑕疵担保責任を負わない代わりに売却額を安くする」などのような形で売る側にも不利にならないように対策ができます。ただし、購入側がこの部分をどう受け取るかはわかりませんので、お互いに納得の上での売買を成立させましょう。

戸建て・マンションの不動産売却は京橋の【株式会社アイケイホーム】へ~売買活動の経過報告・有益な情報は随時お知らせします~

戸建て・マンションの不動産売却は京橋の【株式会社アイケイホーム】へ~売買活動の経過報告・有益な情報は随時お知らせします~

戸建て・マンションの不動産売却は京橋の【株式会社アイケイホーム】にお任せください。皆様の大切な不動産をスピーディーかつ好条件で売却できるよう、査定から販売活動、引き渡しまで責任を持ってお手伝いします。

入居者がいる場合の不動産売却や、住宅ローンが残っている場合の売却、相続が関係する売却についても的確にアドバイスいたします。売買活動の経過報告や有益な情報は、随時お知らせしますのでご安心ください。

店舗はJR環状線「京橋」駅南口を出てすぐの場所にあり、京橋エリアでもアクセスに大変便利です。不動産売却をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

京橋で不動産売却をご検討中なら【株式会社アイケイホーム】へ

会社名 株式会社アイケイホーム
住所 〒536-0015 大阪府大阪市城東区新喜多1丁目1−18
電話番号 06-6180-2103
FAX 06-6180-2105
ホームページURL http://ik-fudousan.com/
メールアドレス info@ik-h.jp
営業時間 9:00~19:30
定休日 水曜日
代表者名 川崎 勝郎
事業内容 ・不動産賃貸・売買仲介業務
・建売分譲事業
・不動産コンサルティング業務
・不動産管理業務
・事業用地・テナント開発業務
・損害保険代理業務